昭和50年3月の岩手山です。
8合目の測候所(当時)手前で天候悪化し
急斜面に雪洞を掘りビバークしました。
翌朝はこのとおり晴れ渡りました。