2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岳人3月号に写真・記事が掲載されました | トップページ | 「ふるさとの名峰・階上岳」NHKエコチャンネルに »

2012年2月19日 (日)

最高のパウダーだった雛岳

_igp1457

本日山水会の仲間7名と雛岳を滑ってきました。八甲田で晴間があったのは南赤倉岳と雛岳ぐらいかと思います。山頂から望む大岳方面は雪雲に覆われておりました。最高のパウダーで皆さん満足の滑りを堪能しておりました。画像は雛岳山頂ですが1名まだ到着しておりません。

_igp1436 今日皆さんのスキー板揃いぶみです。魂入れの板が2台ありました。

_igp1437 _igp1438

箒場から踝上のラッセルで快調に進みます。今までの日曜日は吹雪の連続で晴れ間は久し振りです。気分も上々です。

_igp1442 _igp144901_2

いつもはガリガリの山頂直下も程よい積雪がありスムーズに登れます。対岸の尾根には巨大な雪庇が確認できます。

_igp1455 _igp1459

強風吹き付ける山頂から少し下がった所にツエルト2連結設営です。ゆったりと豪華なランチタイムとなりました。

_igp1461 _igp146301

滑り始める前にピットチェックです。顕著な弱層が見当たらずオープンバーンに突入です。皆さん本当にいい滑りをしていました。左の画像はO田さんです。

_igp146401 _igp1467

膝上のパウダーが我々を楽しませてくれました。林間もまたいい感じのパウダーで最後までスキーがよく走りました。今年1番の滑りでした。皆さん大変お疲れさまでした。

さて今度の日曜日2/26日はバックカントリースキー第3弾「南赤倉岳前衛1001mピーク」です。今のところ参加者は1名です。興味のある方は是非参加をよろしくお願いいたします。詳細は1/7「バックカントリースキー参加者募集」記事をご覧くださいませ。

« 岳人3月号に写真・記事が掲載されました | トップページ | 「ふるさとの名峰・階上岳」NHKエコチャンネルに »

コメント

いゃ~羨ましい限りです...
今シーズンは3回ほどきてるんですが、前回は滑り出しから崩れ始め
林間に逃れました。
ヤッパリここのオープンバーンはいいですよね。

大雪で雪出しの日曜でした...

>MASUさん こんにちは。

私は今シーズン2回目でしたが、1回目は風雪強く森林限界当たりで
終了でした。今回は天気にも雪にも恵まれた山行でした。
雪崩のリスクが多いオープンバーンですが、条件が良ければ最高ですね。
これからパウダーを滑れるのはあと何回あるでしょうか・・・・

しかし、皆さん幅広の新しいスキーばかり、美しいですね~~~
さぞかしすばらしい滑りもできたでしょうね!浮遊感も楽しめた?
私も新しい板にしたい!それには靴も新調しなくては!
ビンディング・シール・ヘルメット・・・・ウエアもだ・・
ため息だけで終わりました。

津軽富士『岩木山』は、まだまだ厳冬期。
同じ日、同じ青森県なのに、こんな天気が違うのですね~
それにしても“O田さん”・・・良い滑りですねぇ。アッパレです!

>がたこさん おはようございます。
FAT板がずらりでした。ラッセルも楽だし、滑りも常に浮いた感じです。
新調するとなれば全てとなりますので、出費も大きいですね。
充分お考えください。

>Q太郎さん おはようございます。
津軽と南部の天気の違いのようです。同じ八甲田でもすぐ傍の大岳が
雪雲の中ですから・・・
O田さん本当に格好いいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高のパウダーだった雛岳:

« 岳人3月号に写真・記事が掲載されました | トップページ | 「ふるさとの名峰・階上岳」NHKエコチャンネルに »