2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月27日 (月)

森吉山・乳頭山ツアーガイド

Imgp1670

25・26日は森吉山と乳頭山のガイド業務でした。24日は下見で乳頭山に向ったが朝から秋田県は豪雨、小止みになった午後に入山した。黒湯から一本松沢コースは途中沢を渡る箇所があったが、何とか渡ることができました。下りは田代平山荘から孫六湯に周回しました。写真は25日の森吉山頂でのツアーの皆さんです。

Imgp1663 24日の下見で田代平山荘から幻想的なブナ林の中を下ります。

Imgp7388 Imgp7390

25日の森吉山はゴンドラ山麓駅発が12時頃なので、早朝ゴンドラが動く前にブナ帯キャンプ場から下見で山頂往復いたしました。山頂から鳥海山・岩木山・八甲田・秋田駒が一望できました。(本番では見えず)

Imgp7395 Imgp7398

黒湯は30年以上前に宿泊したことがありましたが、昔の面影が残っているようでした。田沢湖の「クニマス」のノボリがありました。

Imgp1672

昨日の乳頭山頂です。お客様はいずれも仙台からの日帰りツアーです。高速道出口が被災証明書利用の車が多く渋滞して5時間以上掛かっています。2日共雨に降られず、展望にも恵まれ皆さん満足されて帰られました。本当にお疲れさまでした。

2011年6月21日 (火)

本日の八甲田の花々

Imgp7316

5月のGWを仕事で休んでなかったので、本日代休消化となり午後から天気が悪くなる予定の八甲田へ向う。平日でありながらタケノコ採りの車が沢山道路駐車しています。毛無岱経由で花の写真を撮りながら大岳に登りました。

Imgp7279 Imgp7281 Imgp7282 Imgp7291 Imgp7305 Imgp7300 Imgp7308 Imgp7310 Imgp7312 Imgp7313 Imgp7315 Imgp7320 Imgp7336 Imgp7337 Imgp7341_3 Imgp7349 Imgp7346 Imgp7351 Imgp7352 Imgp7353 Imgp7354 Imgp7355 Imgp7356 Imgp7358 Imgp7361 Imgp7362 Imgp7369 Imgp7371_2 Imgp7377 Imgp7379 Imgp7380 Imgp7383 Imgp7385

今年は雪が多いせいか、花は遅れている感じです。上毛無岱付近は今度の土日あたりが見頃になるかと思います。雨が降る前に酸ケ湯に下山できました。

タイム 酸ケ湯7:20~大岳ヒュッテ9:15~大岳9:48~仙人岱10:25~酸ケ湯11:40

2011年6月20日 (月)

十和田山岳会岩登り研修会

Po20110619_0187

昨日十和田山岳会の岩登り研修会を北八甲田の石倉岳で行ないました。南八甲田の展望はピカイチの場所です。Imgp1628

岩場までは道路から近いものの急登が続き、汗が噴き出します。

Imgp1630 Imgp1635

祠の場所にザックを置いて山頂を目指します。トラバースする箇所が危ないのでロープを固定して安全を確保します。

Imgp1640_5 Imgp1642_2 

石倉岳の山頂には手作りのプレートがあります。短い稜線からは南八甲田の大パノラマが望めます。

Imgp1644_4

Po20110619_0079

すばらしい展望の下でロープの結び方・基本的な岩場の登り方(三点支持)・懸垂下降の研修を行ないました。24名の参加者なので順番が来るまで時間が掛かります。

Po20110619_0119 Po20110619_0172

昼食を食べる時間も惜しみ、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。一般縦走路でも岩場が出てきます。この研修を受けたことで余裕を持って通過できるようになるでしょう。本当に皆さんお疲れさまでした。来週は森吉山と乳頭山でガイドの予定です。

 

2011年6月12日 (日)

ロープワーク研修会

Dsc05166

本日種差海岸で山水会のロープワーク研修会を実施いたしました。そして昨晩は種差キャンプ場にて前夜祭も行ない大いに盛り上がった次第です。R0019342

今朝はゆっくり起きて当日参加組を待ちます。天気は上々です。

Dsc05145 Dsc05147

基本的なロープの結び方や、フリクションヒッチであるクレムハイストのやり方及びムンターヒッチによる確保・吊り降ろしを実践してもらいました。

Dsc05156 Dsc05174_2

懸垂下降の復習です。何ヶ月もロープに触ってない人がほとんどですので、安全の為確保しながら下降させます。

Dsc05161_2 Dsc05176

マッシャーとクレムハイストを組合せた3分の1システムで引き上げもやってもらいました。セッティングを実際やらないと身に付きません。

Dsc05186

最後はザックを使用して負傷者を搬送する訓練です。女性も男性を背負いました。もしかの為に経験しておくことが必要です。新しいカリキュラムでやったので皆さん真剣に取り組んでいただきました。特にロープの結び方は時々練習しなければ忘れてしまうので、是非短いロープで練習をしてほしいものです。

2011年6月 7日 (火)

鳥海山板納めパートⅡ

_igp0516

2日目の朝の目覚めは頭が重いが痛くはないようである。4時30分起床、酒瓶や空缶を片付け出発準備です。食欲はあまりないが、無理して腹に朝飯を詰め込む。取り付きまで少しツボ足で登るがすぐにスキーを付けることができる。写真は下山後の大清水小屋からの新緑溢れる山肌と雪のコントラストが冴えています。_igp0489

ブナの新緑に包まれてスキーを進めます。本当に癒されます。

_igp0492 _igp0493

前を行くのは西川山岳会パーティです。前後しながら上を目指します。まだ上部はガスっています。

_igp0494 _igp0495

唐獅子小屋で大休止した後、晴れてきた上部を滑るために空身で登ります。

_igp0496 _igp049801

小屋にH原さん・M内さんを残してきたので1850m付近まで登り、滑りに徹しました。最高のザラメで今までで一番良い滑りができたと思います。Y沢さんも満足のようです。来年また来よう・・・

_igp0500_2 _igp0501

小屋からは皆思い思いの滑りを楽しんでいます。下の新緑がすばらしいです。

_igp0502 _igp0504

女性陣は文句が付けれないような滑りをしています。

_igp0506 _igp0511_2

最後はブナの斜面を滑り、大清水園地到着です。

_igp0515

鳥海山さま、毎年ありがとうございます。心置きなく板納めができました。今度の日曜日は種差キャンプ場でロープワーク研修会です。基本的なロープの結び方・簡易ハーネスの作り方・岩場での吊り上げ吊り降ろし・ケガ人のザック搬送等を行います。一般の興味ある方の参加・見学歓迎です。

2011年6月 6日 (月)

鳥海山板納めパートⅠ

R0019294

今シーズンの板納めは恒例の鳥海山で8名の参加者で楽しく行われました。1日目は祓川コース、2日目は百宅コースです。1日目は生憎の天気で上部はガスの中です。駐車場は満杯で道路に駐車して、行けるとこまで登る予定で出発です。R0019296

積雪は例年並のようです。昨年は縦溝だらけでしたが、今年はフラットのようです。

R0019300 R0019304_2

今回は初参加のK籐さんは鳥海山は初めてです。1人で弘前から5時間も運転してきました。翌日仕事ということで日帰りです。

R0019309 R0019310

七ツ釜避難小屋で昼食後、上部を目指します。氷の薬師付近まで登りましたが強風とガスの為、無理せず引き返すこととします。スケールの大きいクレバスです。落ちたら救出が大変、要注意です。

R0019315 R0019316

70歳を迎えたM内さんの滑りです。歳を感じさせません。果敢に急斜面に突っ込んで行きます。

R0019320 R0019324

祓川ヒュッテがすぐ傍に見えたら、最後の急斜面です。

R0019325 R0019326

夜は大清水小屋2階で豪勢に宴会です。2つの小屋共満杯で、東京から掛け付けたY沢さんが早めに場所取りをしてくれたので、助かりました。1階の秋田グループや、隣の小屋の山形・西川山岳会メンバーとの交流で大いに盛り上がりました。何時に寝たか不明・・・

明日につづく

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »