2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蔦沼林道から強風の赤倉岳へ | トップページ | 滑り主体で高田大岳・雛岳へ »

2011年2月23日 (水)

春山のようだった南八甲田

Dsc04716

高気圧がまだ居座っていた本日、谷地から猿倉岳・乗鞍岳へ登ってきました。晴天も今日で終わりかと思い、勇んで出掛けました。気温が高く雪は腐って良い滑りは出来ませんでした。画像は乗鞍岳の東斜面です。以前ここで雪崩に巻き込まれましたが本日は安定した雪です。_igp9973_5

谷地温泉からは雪上車が走った跡があり、ラッセルなしで猿倉温泉入口まで進めました。

_igp9976_2 _igp9979

看板に手が届きます。来月からは除雪作業が始まるのでしょう。_igp9983 _igp9986

昨日スノーシューで途中まで登ったようです。目指す猿倉岳がくっきり見えています

_igp9992_3 _igp0002_4

すばらしい天気ですが、猿倉岳の山頂は届きそうでなかなか到達しません。_igp0003 _igp0005

猿倉岳山頂から東斜面を矢櫃橋まで滑ります。ピットチェックをしましたが弱層は見当たらず締まった安定した雪層です。_igp0010 Dsc04653

雪が腐っていて満足する滑りができません。パウダーだったら最高でしょうね。Dsc04667 _igp0040

我々が滑ったシュプールが見えないです。_igp0021 _igp0025

ようやく着いた乗鞍岳です。十和田湖と岩手山が望めます。_igp0027 Dsc04678  

山頂ではツエルトなしで昼食です。展望は抜群です。_igp0032_2 Dsc04733

山頂直下尾根筋はシュカブラが出ています。ところどころ良い滑りができる斜面も出てきます。

_igp0043_2 _igp0049

乗鞍岳コースを標識どおりに猿倉温泉へ。道路までシールを付け登り返し、あとはキャタピラ跡を滑りましたが、スピードが出てあっという間に谷地温泉に到着です。すばらしい天気に恵まれた平日山行でした。

タイム 谷地温泉7:35~猿倉温泉8:22~猿倉岳10:15/10:35~矢櫃橋10:47/11:00~乗鞍岳12:25/13:20~猿倉温泉14:25~谷地温泉15:00

   

« 蔦沼林道から強風の赤倉岳へ | トップページ | 滑り主体で高田大岳・雛岳へ »

コメント

何年か前の事を思い出しながら見ました。
昨日のニュースも今日のデーリー東北も八甲田情報で駆り立てられます。

ABOさんの映っているお写真がとてもいいです

>チッチさん おはようございます。
連日の晴天 黙っていられず有休消化山行です。
乗鞍岳の途中イグルーの残骸発見、雪にほぼ埋まっていましたので
空洞があり落し穴状態でした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春山のようだった南八甲田:

« 蔦沼林道から強風の赤倉岳へ | トップページ | 滑り主体で高田大岳・雛岳へ »